第3回古賀のみどりサミット開催について


 11月27日(土)、第三回目の「古賀みどりサミット」を開催しました。これまでの2回の話し合いで出された内容を再吟味して、今後の方針を決定し、目指す将来像を投票で決定しました。

 決定した内容は、『やる木 げん木 わき(木)あいあい ~ここがよかまち古賀ん町~が投票の結果で決まりました。

 今後の活動については、準備委員会で協議を重ねて行き決定することになります。地域の皆様方には、ご協力を頂くようお願いします。実施報告書を掲載していますので吟味くださるようお願いします。



第2回古賀のみどりサミット 開催実施報告書



第2回古賀のみどりサミット開催状況 10月30日開催


古賀地区まちづくり協議会設立準備委員会は、これまでコロナ禍のため延期していた第2回古賀のみどりサミットを

10月30日(土)午前9時30分から、古賀地区市民センターで開催しました。

 地域の方々78名により、7つのテーマで班編成を行い、古賀地区の目指す姿、現状・課題・問題点、私たちにできること等を話し合いました。

 少子高齢化社会を見据えて、必要なこと、やるべきこと、将来像などを洗い出し、実施報告書にまとめました。

 次回は、今月末の11月27日(土)午前9時30分より第3回の古賀地区みどりサミットを開催します。地域住民の方々は是非参加してください。




10月30日(土)に「やるばい,古賀のみどりサミット」を開催、参加者募集中


 古賀地区まちづくり準備委員会は、中止していた「やるばい、古賀のみどりサミット」を

 10月30日(土)午前9時30分から開催します。

参加申し込みは10月15日が締め切りです。



準備委員会の開催状況


1 第1回古賀地区まちづくり協議会設立準備委員会の開催

    古賀地区まちづくり協議会を推進していくために、

 ○ 令和2年9月11日午後7時から

 ○ 古賀地区市民センター

において、準備委員等が集まり、古賀地区自治会連合会長濵田文秀氏から準備委員会の設立に関する提案があり賛成多数で準備委員会が発足した。

 役員は、委員長に濱田会長、副委員長に松本逸郎社会福祉協議会古賀支部長、久保田彰育成協会長、事務局長に富士団地宇津宮会長、事務局次長につつじヶ丘自治会藤本副会長、監事に金ヶ江委員、宮本古賀小学校育友会長が就任することが決定した。

    古賀地区のまちづくりは、生活に密着したものを取り上げ、小学高学年や中学生及び若い人たちの意見を取り入れていくことが必須との意見が出て、今後の活動を進めていくことが決定した。


2 第2回古賀地区まちづくり協議会設立準備委員会

 第2回会議では、『話し合いの場』をいつ、どこでやるか等の検討がなされました。

 その結果、

 日時 令和2年11月28日(日)午前10時~

 場所 古賀地区市民センター体育館

で、各団体及び学校などに呼びかけて「まちづくり」に関する話し合いをすることが決定しました。

 皆様の参加をお待ちしております。

 

第3回まちづくり協議会設立準備委員会


「話しあいの場」を

 ○ 開催日時 11月28日(土曜日)午前10時から

 ○ 開催場所 古賀地区市民センター体育館

  ※ 3密を避けて実施することが決定

 ○ 参加者 古賀地区住民及び関係者 約100名程度

で開催することを決定しました。

 今回は、小学校高学年及び中学生代表などが参加して開催される。古賀地区の10年後、20年後を見据えて多種多様な意見が出ることを期待しています。

 

 


11月28日「話しあいの場」を開催


 11月28日(土)午前10時から、古賀地区市民センター体育館で、古賀地区まちづくり協議会設立準備委員会主催の「話しあいの場」を開催しました。新型コロナウィルス感染拡大防止対策を講じて、約2時間長崎市地域コミュニティ推進室の応援を受けて、普段感じる古賀の魅力や必要性の伴う施策など、小学生、中学生を含めて開催しました。

 貴重な意見が多々ありましたので、今後意見を精査して掲載することにします。

 古賀地区にお住まいの方は、古賀地区市民センターのメールアドレスに意見をお寄せ下さい。


「話しあいの場」の意見集約結果